Urushi-kogei art
HYOETSU
漆工芸表悦
profile works news school adress contact
作り手 作品達 最近の事 伝える事 場所 問い合わせ
 
初代 表悦 (延) 二代 葆光斎 表悦(貞三) 三代 表延斎表悦(久延) 四代 啓樂(啓吾)
1st Hyoetsu(Noburu) 2nd Hyoetsu(Teizou) 3rd Hyoetsu(Hisanobu) 4th Keigo(Keigo)
2

 

二代表悦 明治38年 京都(加藤家)に生まれる

塚本正悦の実弟

叔母の嫁いだ三木家の養子となり尋常小学校の卒業と同時に修行に入る。

 

昭和5年 美工院展受賞

商工展入選

昭和6年 商工展入選

昭和7年 商工展入選

京都工芸美術院展受賞

昭和8年 京都工芸美術協会展無鑑査出品

昭和9年 流系派工芸展出品

昭和11年 京都漆芸会会員

昭和12年 パリ万国博覧会銀賞

昭和13年 工美展受賞

近畿連合工芸展受賞

戦後すぐに妻が結核で他界、本人も肺浸潤(結核の初期症状)とされ

闘病する。

昭和24年には初代表悦に死去にともない表悦の名を継ぐ。

体調の回復と共に漆工芸作家として再出発する。

日本伝統工芸展(第2回)などの出品作は久延(三代表悦)との協力で作ったことが

本人の手記からもわかる。

昭和55年 古希記念三木表悦 久延「三代作品集」発行

その他 帝展・日本伝統工芸展・京都市展・工美展入選

個展数回

昭和59年京都府文化功労賞を受賞

体は決して強くはなかったが、90代半ばまで作業場にすわりコツコツと漆に向かい合った姿がいまだに思い出される。

戦後の闘病の経験からかかえって養生も覚え104歳の長命で天寿を全うした。

(啓樂 記)